技術革新と創造性:アートの隠された秘密

ChatGPTの一般公開に続き、テクノロジーとクリエイティビティの間の永遠の論争が再び燃え上がり、人間の人格の終焉を煽るような激しい議論を巻き起こしています。確かに言語モデルによる「知性」の模倣は目覚ましい進歩を遂げていますが、一歩引いて、この議論を正しい文脈でとらえることが賢明ではないでしょうか。
目次はこちら

歴史上、テクノロジーとクリエイティビティの関係は、変化を拒む人々の無理解と、新しいテクノロジーの利用を受け入れる人々の消極性という抵抗にさらされてきました。

また、興味深いことに ミュージシャンや音楽プロデューサーに役立つChatGPTプロンプト7選

ホックニーとファルコのテーゼ

最近の興味深い例として、アーティストと物理学者のデュオが2001年に発表した「ホックニー・ファルコ・テーゼ」に対する反応を紹介します。彼らは、ルネサンスの巨匠たちのリアリズムの進歩は、カメラ・オブスクラやカーブミラーといった光学機器の密かな使用によってもたらされたと主張しました。大胆な研究者たちは、ファンアイク、デューラー、ダヴィンチといったリアリズムと遠近法の巨匠たちの作品を調べ、レンズ製造の進歩がこの時代に重要な役割を果たしたことを発見しました。

ヤン・ファン・エイク《アルノルフィーニの肖像》(1434年)
ヤン・ファン・エイク《アルノルフィーニの肖像》(1434年)-背景に鏡が見える。出典はこちら ウィキメディア・コモンズ

興味深いのは、これらの巨匠たちが、批判から身を守るため、あるいは作品の価値を高めるために、こうした補助具の使用を自ら隠していた可能性があることである。例えば、ヴァン・エイクは、レンズや鏡の使用に関する微妙な言及を作品に密かに挿入していたが、それを公に認めることはなかった。しかし、この説は多くの美術史家によって熱烈に否定され、レンズや鏡を使って世界をより忠実に表現することが本質的に不正であるかのように、これらの象徴的な芸術家の誠実さを擁護するものでした。

ストラディバリウスのヴァイオリン

ストラディバリウス・バイオリンの謎は、音楽芸術の問題であると同時に、秘密の技術的進歩の物語でもある。イタリアの有名なバイオリン製作者アントニオ・ストラディバリ(1644-1737)は、音楽家、収集家、科学者をも魅了する素晴らしい楽器のコレクションを世に残しました。ストラディヴァリがこれらの傑作を生み出すために用いた正確な技術は、最終的に解読されることなく、永遠の謎のままである。

スペイン王室所蔵のストラディバリウスバイオリン
スペイン王室所蔵のストラディバリウス・バイオリン、出典はこちら ウィキメディア・コモンズ

諸説ありますが、最近の研究では、木材の虫食い対策という偶然の発見が、輝き、広がり、豊かな響きを兼ね備えたヴァイオリンをうっかり作ってしまったと考えられています。ストラディヴァリは、生涯で約1200挺のヴァイオリンを製作し、王族をはじめとするエリートたちのために、この音の宝庫を独占した。現在も約600挺が現存し、その市場価値は1,000万ユーロと天文学的な数字に達しています。ストラディヴァリの匠の技か、それとも幸運か。 音楽愛好家は、偶然が偉大さを達成するために決定的な役割を果たすという考えを否定します。

結論

しかし、テクノロジーは使い過ぎると危険も伴うことを認識することが重要です。デジタル技術が飛躍的に向上し、制御不能な成長の崖っぷちに立たされたとき、オリジナリティや大切な「人間味」が失われるのではないかという懸念が確信に変わります。しかし、新しいテクノロジーを巧みに利用して技術を向上させ、作品の価値を高めることができるアーティストは、抵抗するアーティストよりも成功することでしょう。 ChatGPTによってアーティストが余剰人員になるのではなく、より良いものを作ることができる別のアーティストが台頭することによって、アーティストは余剰人員になるのです。

読者の皆さん、透明性の精神に基づき、私は告白しなければなりません:私は人を騙す詐欺師でもなければ、驚くべき天才でもない。私自身の秘密を打ち明けることができます。私自身、この記事の原稿を書くときにオートコレクトツールを使い、"Rewrite this article in the style of New York magazine"というプロンプトを使って、スタイルを改善するためにChatGPTにかけました。

続きを読む

この記事をシェアする

私たちは、独自に製品を調査、テスト、レビューし、ベストな製品を推薦します。お客様が当社のリンクを通じて何かを購入された場合、当社は手数料を受け取ることがあります。

より多くの貢献
アーティスト向け
各国で最も人気のあるシンセサイザー・ブランド
我々は、118カ国で最も人気のある6つのシンセサイザー・ブランドのGoogle検索クエリを分析し、その結果を評価した。その結果は非常に興味深いもので、とりわけ...
続きを読む →
最高のリバーブ・ペダル
ギア
ギタリストとプロデューサーのための最高のリバーブ・ペダル
リバーブ・ペダルを使えば、ギターに驚くほどの深みを与え、サウンドを非常に豊かにすることができる。アンプにリバーブが内蔵されているかどうかに関係なく ...
続きを読む →
最高のコーラス・ペダル
ギア
ギタリストとプロデューサーのためのベスト・コーラス・ペダル8選
コーラス・ペダルは80年代に特に人気があり、カート・コバーンやジョン・フルシアンテのような伝説的なミュージシャンが90年代にさらに人気を高めた。今日 ...
続きを読む →
最高のディストーション・ペダル
ギア
エレキギターに最適な歪み/アンプ・ペダル
多くのギタリストがアンプなしで、あるいはトランジスタ・アンプで演奏するデジタル時代において、歪みペダルは非常に頻繁に使用されている。
続きを読む →
音楽制作に最適なノートPCを紹介
ギア
音楽制作に最適なノートパソコン12選
長い間、外出先で音楽を制作するにはアップルのノートパソコンが絶対に必要だと思われていたが、もはやそうではない。たとえ ...
続きを読む →
最高のディレイ・ペダル
ギア
2024年ベスト・ディレイ・ペダル
ディレイ・ペダルは、ギタリストのお気に入りのペダルのひとつだ。ディレイ・エフェクトは、他の手段では得られない深みと雰囲気のあるサウンドを生み出す。...
続きを読む →