DEAL:ビート1枚購入で、お好きなビート1枚プレゼント

2022年のベストDAW12選

最高のDAWは何ですか?世界で最もスムーズなDAW12機種を比較してみた

目次はこちら

昔のレコーディングスタジオには、ミキシングデスクやテープマシンがありましたが、今では1台あれば十分です。 DAW, a "デジタルオーディオワークステーション".DAWを使えば、音楽の録音、編集、ミキシング、マスタリングができます。

これにより、従来はそのような機会を得られなかった何百万人もの人々が、音楽制作にアクセスできるようになったのです。

自分に最適なDAWはどれか、知りたいですか?それは、あなたが具体的に何をしたいのかに大きく依存します。現在では15種類以上のDAWが発売されており、選ぶのに苦労するほどです。しかし、心配はご無用です。

この記事では、最も人気があり、最高のDAWを詳しく見ていきます。コンピュータで音楽を制作する際の最大の相棒となるDAWは、適切なものを見つけることがいかに重要であるかを私たちは知っています。

選んだ後は、その専門分野に特化する可能性が高いです。だから、この記事をしっかり読んで、どの人と結婚したいかを決めてください😉 心配しなくても、それぞれの得意分野や長所・短所をお伝えしますので、簡単に決められます。

また、興味深いことに 2022年のベストMIDIキーボード6選

以下では、ミキシング、電子音楽の制作、ヒップホップのビート制作などに適したプログラムを探している方のために、現在入手可能な最高のDAWを徹底的に分析しています。あなたのニーズにぴったりのDAWはどれかを解説します。

Ableton Live 11:電子音楽制作に最適なDAW

このDAWの特徴は、電子音楽制作のために特別に開発されたことです。そのワークフローはタイムラインベースですが、いわゆる「セッションビュー」と呼ばれる、異なるクリップを使ったライブ演奏のためのものがあります。

Ableton Liveは、音楽制作、特にエレクトロニック・ミュージックに最適なDAWです。
Ableton Liveは、音楽制作、特にエレクトロニック・ミュージックに最適なDAWです。

ライブでもスタジオでも、David Guetta、Skrillex、Daft PunkからDJ Snake、Steve Aokiまで、数多くのアーティストに使用されています。私自身も、今はAbleton Liveを作曲から何から何まで使っています。 マスタリング.

Abletonはユーザーインターフェースのおかげで、音楽の制作とライブ演奏の両方に適しています。

また、Abletonは、市販のAbletonコントローラの中でも最高峰のLaunchシリーズを展開しています。DAWにアクセスすることなく、Clip Launch、VSTコントロール、Abletonエフェクト、MIDIマッピングを利用することが可能です。

オーディオファイルは非常によく、自動的にワープします。各クリップの速度は、ほぼ完璧に自動検出され、曲の速度に合わせられます。だから、このDAWは音楽制作にとても適しているのです。

Abletonとコントローラーがあれば、これだけのことができるんだ!クリップのスタート、ドラムラックのコントロール、ミックス...理論的にはDAWにアクセスする必要は全くないはずです。

また、Abletonはサンプルをよく使う人には最適なDAWの一つです。私のように膨大なサンプルライブラリ(1300GB以上ある)を持っている場合、それぞれのサンプルを探すのに何時間もかける必要がないように、適切に整理する必要があります。

Abletonでは、色と名前でフォルダを整理し、DAWの左クリック数回ですぐに利用できるようにすることができます。

さらに、ノンリニアな作曲、柔軟な演奏、即興演奏のための専用のセッションビューという素晴らしい追加機能もあります。

賛成派の意見は?
  • 音楽制作に最適な環境
  • サンプルでたくさん作業する場合にとても良い
  • 非常に良いパフォーマンス
  • 圧倒的なモジュレーションの可能性
  • 外部ハードウェアとの優れた連携
何が反対を唱えるのか?
  • 最初のうちは、ワークフローに少し慣れる必要があります。

リンク Ableton Live

AVID Pro Toolsです。プロのレコーディングスタジオに最適なDAW

最高のDAWであり、これまでもずっとそうであった。プロのレコーディングスタジオのスターダムにはそれなりの理由がありますが、それは私たちにとっても変わりません。ミュージシャン、プロデューサー、エンジニアは、Pro Toolsを利用して仕事を進めています。

ProTools 10

そして、Pro Toolsは、小さなスタジオからアビーロードのようなスタジオまで、様々なスタジオで使用されているほどです。

Pro Toolsは何十年にもわたってトップクラスのDAWであり、彼らはそれを知っているのです。そのため、Pro Toolsは最も高価なDAWにもなっています。しかし、それを使って生計を立てているのはほとんどプロだけですから、その人たちはホームスタジオで趣味で制作する人たちよりもお金をかけてもいいと考えているのです。

しかし、多くの外部ハードウェアを持つ大規模なスタジオでのマルチチャンネルレコーディングやオーディオ編集に最適なDAWであること、充実したサポートの必要性、そしてそのワークフローは今でも比類がない。オーディオ編集の可能性は計り知れず、非常に優れています。

しかし、Pro Toolsはここ何年も何のニュースももたらさず、それに応じて価格も完全に割高になっているという不満の声も多い。

しかし、Pro Toolsは、Ableton Liveなどと比較すると、習得が容易ではありません。しかし、一度使い方を知ってしまえば、極めて迅速かつ効果的に作業を進めることができます。

Avidでは、Pro Toolsを3つのバージョンで提供しています。プログラムの無料限定版である「Pro Tools First」、「Pro Tools」、「Pro Tools Ultimate」。

自社製のハイエンドハードウェアとサポートポリシーは、音楽業界随一です。Pro Toolsはレコーディングスタジオ業界において絶対的なマーケットリーダーであることは間違いありませんが、その分コストがかかります。

PCとMacに対応し、優れた純正プラグインを新たに追加しています。

リンク プロツール

賛成派の意見は?
  • プロのレコーディングスタジオに最適なDAW
  • 複雑なマルチチャンネル録音にも最適
  • レコーディングとミキシングに最適なワークフロー
何が反対を唱えるのか?
  • 高価買取
  • 習得するのはかなり難しい

Cakewalk by BandLab:最高の無料DAWです。

Cakewalkは、実は30年以上の付き合いのあるDAWなんです。と言うのも、以前はSONARという名前で知られていて、その下で最大の人気を博したが、2018年にBandLabに引き継がれ、Cakewalk by BandLabと改名し、無料でダウンロードできるようになったからだ

Cakewalkはラウにとって最高のDAWです。
Cakewalkは ベストフリー DAW

いずれにせよ、音楽制作を最初から最後まで編集でき、作曲やレコーディングを向上させるために必要なすべてのツールを提供するセンセーショナルなプログラムです。

SONAR Platinumの全機能を継承したソフトウェアです。また、すべてのVSTプラグインをここにインストールすることも可能です。

すでに旧バージョンのプログラム(SONAR)でプラグインを購入されている方は、この新しい無料DAWでも使用することができます。

クールな点:トラックやメモリの制限はなく、体験版もありません。Skylightインターフェース、ProChannelミキシングシステム、64ビットオーディオエンジン、新バージョンの絶え間ない最適化など、最新のDAWの機能はすべて揃っています。

そして、その100%を無料で!?

現在はWindows版のみですが、最近ではMac OS X版も近日中にリリースすることを発表しています。最初は限定的なアルファ版でしたが、間もなくWindows版も登場します。

音楽制作の世界に足を踏み入れたばかりで、DAWがどのように機能するのかを学びたいと思っていて、あまりお金をかけられないという人には、このDAWがお勧めです。

賛成派の意見は?
  • 100% 無料
  • VST互換性
  • 多くの純正プラグイン
何が反対を唱えるのか?
  • Mac版は未発売

リンク https://www.bandlab.com

ACID Pro:予算のない初心者に最適なDAW

ACID Proは素晴らしい音楽制作ツールであり、販売されている価格は絶対的にお買い得だからです。

ACID Proは、音楽制作のための非常に優れたDAWで、習得も早いです。
ACID Proは、音楽制作のための非常に優れたDAWで、習得も早いです。

FL Studioとよく似ているのは、ミキシングに重点を置いているのではなく、サンプルやループを使って音楽を作ることに重点を置いている点です。

でも、絶対に使ってください。 ミキシング&マスタリング そして、そのために必要なすべてのツールを提供します。

ACID Proは、特定のパートのテンポやピッチを変更したり、移動させたりすることが他のDAWよりも簡単にできるので、作曲にも最適です。

是非、試してみてください。

賛成派の意見は?
  • サンプルやループの作成・合成に特化したオールラウンダーです。
  • 非常に簡単に習得できる
何が反対を唱えるのか?
  • 広範囲のミックス&マスタリングをしたい場合には、やや制限があります。

リンク https://www.magix.com/de/musik-bearbeiten/acid/acid-pro/

Bitwig Studio:極めて高い柔軟性を備えた音楽制作に最適なDAW

Bitwig Studioは、ベルリンの元Ableton開発者たちによって開発されたDAWで、クリップによる創造性、オリジナルで効果的なカスタムプラグイン、無限のモジュレーションの可能性に焦点を当てたことから、当初からLiveと比較されてきました。

Bitwig Studioは、柔軟な音楽制作に最適なDAWです。
Bitwig Studioは、柔軟な音楽制作に最適なDAWです。

Bitwig Studioは、作曲、録音、編曲、ミキシング、マスタリングのためのツールだけでなく、ライブパフォーマンスの楽器として意図されています。また、DJが使用するビートマッチやクロスフェードなどのエフェクトをコントロールする機能も充実しています。

Bitwig Studioは、従来のリニアな楽曲アレンジとノンリニア(クリップベース)な制作の両方をサポートしています。マルチモニターやタッチパネルに対応しています。

150以上の音楽モジュールを搭載し、DJやパフォーマーに特化した機能を満載したDAWで、特にライブで音楽を披露する方に有効です。

標準的なオーディオインターフェースやコントローラーと即座に互換性があり、ユニークで柔軟なモジュレーションシステムを備え、ハードウェアに完全に統合されています。

Bitwig Studioは本当に進化していて、かなり改善されています。Windows、Mac、Linux用のバージョンがあるので、音楽制作の仕事をしている人にはお勧めです。

Bitwig Studioには、399ユーロのフルバージョンと、99ユーロの限定的な入門バージョンの2つのバージョンがあります。使うことができます。 これ を比較して、自分に合ったライセンスを購入することができます。

賛成派の意見は?
  • ライブでの演奏に最適
  • 非常に多くのモジュールが利用可能
  • モジュラーサウンドデザイン
  • 10GB以上のサウンドを搭載しており、音楽制作に活用することができます。
何が反対を唱えるのか?
  • モジュラー・プロセスはまだ完全には開発されていない

リンク Bitwig Studio

Cockos Reaper:すべてを自分好みにしたいオーディオオタクのための最高のDAW

Reaperは、おそらく最も過小評価されているDAWでしょう。これを使えば、どんなアプリケーションでも、完全にプロフェッショナルな仕上がりにすることができます。

Reaperは、すべてをパーソナライズしたい人にとって最高のDAWです。
Reaperは、すべてをパーソナライズしたい人にとって最高のDAWです。

しかし:ユーザーインターフェースは魅力的でなく、直感的でない。そのため、試した人の多くがすぐにやめてしまう。

シンプルで使い勝手の良いエフェクトを搭載していますが、派手さはありません。他のDAWと異なり、インストゥルメントやサンプルパックは含まれていません。

特にレコーディングやミキシングにおすすめです。作曲の場合は、他のDAWと比べると感動が少ないかもしれません。

おそらく、地球上で最も効率的で資源効率の良いDAWだと思います。100%のバグがないわけではありませんが、開発者は常にアップデートをリリースしています。

マイクと十分なプリアンプがオーディオインターフェイスにあれば、4人組の合唱団の録音もReaperで問題なく行えます。

ReaperはPC版とMac版があり、Linux版は現在ベータ版が公開されています。

賛成派の意見は?
  • CPU資源をほとんど消費しない
  • 100% カスタマイズ可能
  • 非常に好ましい
何が反対を唱えるのか?
  • ループや楽器が内蔵されていない
  • 魅力的でない、直感的でないインターフェースは、初心者にはやや敷居が高いかもしれません。

リンク https://www.reaper.fm/

FL Studio:ヒップホップ・プロデューサーに最適なDAW

FL Studioは、世界で最も簡単に学べるDAWの1つです。だから、ほとんどの人が最初に試すDAWなんです。

FL Studioはヒップホップ制作に絶対的に最適なDAWです
FL Studioはヒップホップ制作に絶対的に最適なDAWです

ヒップホップ音楽制作の古典の一つであり、大量のサウンドライブラリと無料のアップデートを備えています。グロスのようなプラグインの場合 ビート やFruity Slicerなど、ヒップホップ制作に非常に適しているDAWです。グラフエディター、プリコンFX、チャンネルサンプラーなどの定番機能が復活。

先ほど申し上げたように、操作は非常に簡単なのですが、DAWの経験者であればどうでしょうか。そうすると、このDAWはどちらかの期待に応えられないかもしれません。

市場で最もパワフルなDAWではないので、多くのプロフェッショナルなプロデューサーは使っていないのです。例えば、FL Studioでビートを制作することはあっても、ドラムキットを録音することはないでしょう。

PCとMacに対応したDAWで、両バージョンのプラグインに互換性があるため、同じプロジェクトを両方のプラットフォームで使用することができます。アマチュアに優しいインターフェイスで、すべてがとても簡単に使えます。

賛成派の意見は?
  • 非常に簡単に習得できる
  • ヒップホップやトラップの制作に最適(プラグインがあるので)
何が反対を唱えるのか?
  • プロはすぐに限界に達してしまう

リンク FLスタジオ

理由:最も多くのエフェクト/デバイスが搭載されているDAW

Propellerhead Reasonの前身であるReason Studioは、DAW「Reason 12」を開発しました。

Reasonは、多くのエフェクトやプラグインが内蔵されたDAWです。
Reasonは、多くのエフェクトやプラグインが内蔵されたDAWです。

アナログ機材やラックやケーブルでいっぱいのレコーディングスタジオがお好きな方なら、このDAWはあなたのような方々のために設計されました。ユーザー・インターフェースやクールなネイティブ・プラグインは、明らかにそうしたセットアップにインスパイアされており、内蔵ミキサーもクラシックなSSLをエミュレートしたものです。

多くの楽器を標準搭載し、さまざまな音作りやエフェクトが可能なのが強みです。

このパワフルなDAWに新たに加わったのがReason Rackプラグインで、お気に入りのReasonインストゥルメントをお気に入りのDAWで使うことができ、Reasonに期待される自由なルーティングと素晴らしいサウンドが得られます。

このプログラムは、フルバージョンまたはお気に入りのDAWのプラグインとして使用できます。Reason Rackプラグインは、楽器やエフェクトを簡単に使用することができ、VST3プラグインとして対応DAWに統合することが可能です。

簡単に学べるのに、パワフル - このDAWは、制作からマスタリングまで、あなたのニーズをすべてカバーします。

シンプルで完成度の高いシーケンス、サンプリング、スライス、そして簡単なレコーディング。このDAWには音楽制作に必要なものがすべて揃っており、また VSTプラグイン を他のDAWで使えるので、超柔軟です。

賛成派の意見は?
  • DAWおよびプラグイン(VST/AU/AAX)として利用可能
  • 非常にパワフル
  • 高解像度グラフィックス
何が反対を唱えるのか?
  • 予備知識が必要
  • 高価買取

リンク 理由12

Steinberg Cubase 12:定番中の定番。

現在のDAWの標準的な機能のほとんどを実装し、また映画、テレビ、ビデオゲームの作曲家を中心としたプロフェッショナルに非常に人気のある、市場で最も耐久性のあるDAWです。

Steinberg Cubaseは、長年にわたって使用されてきた最高のDAWの一つです
Steinberg Cubaseは、長年にわたって使用されてきた最高のDAWの一つです

30年以上前から発売されているので、最も有名なDAWの一つです。しかし、それ以降、特にオーディオエンジンに関しては改善を続けています。グラフィカルなインターフェースが改善され、随所にグラフィカルな最適化が施されています。

無限にあるプラグイン、使い勝手やワークフローの改善など、様々な機能が盛り込まれており、非常に堅実なDAWとなっています。

Cubaseには3種類のバージョンがあり、一番シンプルなバージョンは Cubase Elements.MIDI64トラック、オーディオ48トラック、VST24トラックのみ同時に使用可能な初心者向けのバージョンです。

Cubase Artist も限界はありますが、ほとんどのホームスタジオでは十分なパワーを持っています。ここでは、トラックの数に制限はありません。しかし、VCAトラックを作成することはできず、デフォルトで搭載されているサンプルやプラグインも少ない。

フラッグシップ製品は Cubase Proプロフェッショナル向けで、制限なく、強力なワークフロー支援機能を提供する「ColorNavigator」。3000以上の楽器サウンド、81のVSTプラグイン、MIDIプラグインを搭載しています。

賛成派の意見は?
  • 信じられないほどパワフル
  • スタインバーグの長年の経験
  • 良好なサポート
  • 非常に安定している
何が反対を唱えるのか?
  • 高価買取
  • 習得が容易でない

リンク スタインバーグCubase

Steinberg Nuendo: ビデオのポストプロダクションに最適なDAW

レコーディングスタジオでのインターンシップでは、プロデューサーがNuendoをメインのデジタルオーディオワークステーションとして使用しており、このソフトウェアについて多くのことを学ぶことができました。

Nuendoはオーディオのビデオポストプロダクションに最適なDAW
Nuendoはオーディオのビデオポストプロダクションに最適なDAW

NuendoはCubaseの兄貴分で、同じSteinberg社が販売しているDAWです。しかし、このDAWは、より多くのマルチチャンネルフォーマットに対応しているため、オーディオ分野ではビデオのポストプロダクションに重点が置かれています。

NuendoではAAFファイルのオープン/インポートが可能になり、Pro ToolsのセッションをNuendo本体で開くことができるようになりました。これは数年前には不可能だったことで、大きな進歩です。

Nuendoは、コードパッド、コードウィザード、コードトラックなどが搭載されており、作曲家にとっては良いDAWです。

強みは何かというと、ゲームや映像の音楽制作に優れていて、オールマイティに使えることです。

賛成派の意見は?
  • ゲームやビデオの音楽制作に最適なDAWです
  • グッド・オール・ラウンダー
何が反対を唱えるのか?
  • ほとんどの音楽プロデューサーにとって、Cubaseにできないことはありません。

リンク スタインバーグNuendo

PreSonus Studio One: 少ない費用で最高のDAWを。

PresonusはこのDAWを、無料版(Prime)と有料版(ArtistとProfessional)の3つのバージョンで提供しています。

PreSonus Studio One: 少ない費用で最高のDAWを。
PreSonus Studio One: 少ない費用で最高のDAWを。

このDAWを試した人の多くは、このDAWをPro Toolsと比較しますが、それはそれで重要なことです。しかし、このDAWは驚くほど直感的なワークフローによって多くの機能を簡素化しており、Pro Toolsとは異なります。

まるで、Pro Toolsから不要なボタンをすべて取り除き、メニューやダイアログを意味あるものにアレンジしたような感覚です。

大規模なスタジオには向かないのは事実ですが、安定した良いDAWを探しているが、Avidの手頃な価格を払いたくないという人には非常に良い選択肢です。

Studio Oneは、作曲、プロデュース、レコーディング、ミキシング、マスタリングに最適なDAWです。このDAWを使えば、本当に何でもできるんです。

賛成派の意見は?
  • 音楽制作のための超高速ワークフロー
  • 新しいコードとサンプルベースのツール
  • ライブのための新機能
  • マスタリング機能はDDPのインポート/エクスポートを含む
何が反対を唱えるのか?
  • 複雑なインターフェースとミックスコンソール
  • トラックテンプレートの保存に手間がかかる

リンク スタジオ・ワン

Apple Logic Pro:Macユーザーに最適なDAW

Logic Proは最高のDAWの一つで、価格も信じられないほど良い。しかし、残念ながらMac用しかありません。

Macユーザーに最適なDAWはLogic Pro
Macユーザーに最適なDAWはLogic Pro

この値段で、このDAWは信じられないほどのものを提供しています。楽器、エフェクト、直感的なユーザーインターフェイス、そして非常に優れたピッチコレクターまで備えています。

そのバーチャル・ライブラリーは非常に本格的で、複雑で完成度の高い楽曲を作るために必要な楽器がすべて含まれています。

また、Appleは近年、競合他社を見失うことなく、Ableton Liveのセッションビューのクリップから明らかにインスピレーションを受けたLive Loopsなど、クリエイティブワークフローを強化する機能を追加しています。

Macをお持ちの方で 音楽をプロデュースするミキシングとマスタリングを行うなら、このDAWは最高の価格性能比を持つDAWと言えるでしょう。

私個人としては、Windowsに乗り換えたことを後悔しているのは、本当にそれだけですAppleがPro ToolsとAbleton Liveの良いところを組み合わせてLogic Proにしたようなものです。

Appleの製品すべてがそうであるように、ユーザーインターフェイスは非常に直感的で、DAWはできることの割にはすぐに使いこなせるようになっています。

今まで試した中で最高のDAWの一つです!

賛成派の意見は?
  • 過去最高の価格性能比
  • 多くのサウンドとVSTエフェクト
  • 超安定
何が反対を唱えるのか?
  • Mac OS Xのみ
  • ミキサーのカウンターを大きくし、柔軟性を持たせることができました。
  • 単一オーディオ処理なし(Clip Gainのスタイルで)

リンク https://www.apple.com/logic-pro/

私の個人的な意見

私は音楽制作を6年以上続けているので、DAWについてはかなりの経験を積んでいます。 Pro ToolsとAbleton Liveの2つがお気に入りで、毎日使っています。

  • プロツール私は楽器、歌手、スピーカーの録音にPro Toolsを使用しており、そのほとんどがプロの仕事です。Pro Toolsは、レコーディングにおいて驚くべき可能性を秘めています。特に、コンピング(トラックごとに異なるプレイリストを作成する可能性)は非常に便利です。ドラマーを録音するとき、異なるテイクを録音するのは非常に簡単で、異なるトラックのあるプレイリストを選択することで、グループ化して編集することができます。そのため、12トラック(1つのドラムキットに12本のマイク)を簡単に録音・編集することができます。これらのオプションは、Ableton Liveでは利用できないか、あるいは遠回りにしか利用できないので、私はこのためにPro Toolsを使うことを好んでいます。
  • Ableton Live が、音楽制作や作曲にはより優れていて、より直感的です。Midiの編集はAbletonでは夢のようで、Pro Toolsでは私にとって悪夢のようです。また、Liveでクリップを次々と見ることができるので、さまざまなアイデアを素早く記録し、次々と聴いていくのに非常に便利です。

今はビート制作からマスタリングまで、すべてAbleton Liveで行っています。バージョン11の新機能のおかげで、マルチトラックレコーディングも問題なくできるようになり、Abletonは市場で最高のDAWになったと私は思っています。

私がそうだったように、自分の好きなもの、お気に入りのものを見つけなければなりません。DAWのフリートライアルを活用して、自分に最適なDAWを見つけ、そのDAWのエキスパートを目指してみてはいかがでしょうか。これは、すべてのDAWを理解しようとするよりも良いアイデアです。

ソーシャルメディアでのWood and Fire

サブソニック808

このサンプルパックには、業界最高の808ベースが62個収録されています!ニュースレターを購読すると、すぐにサンプルを受信することができます。

Subsonic 808 サンプルパック

808の無料サンプルをプレゼント

このサンプルパックには、業界最高の808ベースが62個収録されています!ニュースレターを購読すると、すぐにサンプルを受信することができます。