ホームスタジオを作ろう:究極のガイド

ホームスタジオを立ち上げるのは簡単なことではありません!2024年、機材の選択肢はかつてないほど増えています。どのオーディオインターフェイスが正しいのか?マイクは?どのDAWが最適なのか?このガイドでは、自分のホームスタジオをセットアップするために必要なものを正確に説明します。
目次はこちら

近年、音楽業界の状況は劇的に変化している。技術や機材の進歩のおかげで、自宅にいながらハイクオリティな音楽を制作することがかつてないほど容易になった。音楽制作はもはや、高価なスタジオやプロのサウンド・エンジニアを利用できる人のための排他的なクラブではありません。今やコントロールはあなたの手の中にあり、あなたの情熱と創造性が境界線を決めるのです。

ホームスタジオを立ち上げようと思うと、最初は気が重くなるものだ。機材の多さや技術的な面で圧倒されることもあるでしょう。しかし、尻込みすることはない!ちょっとした指導と知識があれば、誰でも生産的でクリエイティブなオアシスに変身させることができる。

この記事では、夢のホームスタジオをセットアップするための包括的なガイドを紹介しよう。適切なマイクの選択から、適切な音響パネルの設置、特定のニーズに最適なDAWの選択まで、私のゴールは、必要な機材とその仕組みについてしっかり理解してもらうことです。そうすることで、十分な情報を得た上で決断を下し、あなたの音楽的アイデアに命を吹き込むことができるのです。

ホームスタジオに最も重要な要素は何ですか?

コンピュータ

音楽制作に最適なノートPCを紹介

ホーム・スタジオを立ち上げる上で最も重要なもの、コンピューターから始めよう。これはスタジオの心臓部であり、デジタルで音楽を録音、ミックス、マスタリングすることができる。

一方、PC、ラップトップ、Macのどれを使うかはもはや問題ではなく、それぞれのカテゴリーにパワフルなコンピューターがたくさんある。デスクトップPCやデスクトップMacは通常、ラップトップよりも高速だが、持ち運びはできない。MacBook ProやDELL XPS 15のようなラップトップのパワーは、どんなに大きなDAWプロジェクトでも簡単に処理するのに十分です。

他のすべての要素はコンピュータを介して接続されている。私たちは皆、自宅にコンピューターを持っていますが、オーディオ作業を中断することなくスムーズに行うためには、最新のコンピューターであり、ある程度のパワーが必要です。最低限必要なものは以下の通りです:

  • WindowsまたはMac
  • 最小プロセッサー:Intel Core i5またはAMD Ryzen 5
  • 少なくとも8GB RAM。
  • 高速ハードディスク(SSD)
  • USB 3.0はより高速な転送と優れた同期を実現する理想的なものですが、2.0でも十分です。

オーディオインターフェースに加えて、ドライバーも必要です。ユニバーサル・ドライバが最適です。そのようなドライバーの1つが "Asio4all "で、Asio4allのウェブサイトから無料でダウンロードできます。手順は、自動的にダウンロードを実行し、ファイルを保存するだけの簡単なものです。このプログラムは、待ち時間を減らし、インターフェースのパフォーマンスを向上させるのにも役立ちます。

Alienware m17 R4は、ホームスタジオでの音楽制作に非常に適しています。
Alienware m17 R4は、ホームスタジオでの音楽制作に非常に適しています。

コンピュータの性能が高ければ高いほど、より速く、よりスムーズに作業ができる。これは経験則から言えることで、プロセッサーの性能が高ければ高いほど、音楽制作のパフォーマンスは向上する。私自身はi7搭載のAlienware m17 R4を使っていますが、音楽制作には少し「やりすぎ」です。

一致する記事

DAW

ホームスタジオを立ち上げる際に最も重要な検討事項の1つは、DAWの選択です。デジタルで音楽制作をしたい人なら誰でも、最近はデジタル・オーディオ・ワークステーションが必要です。DAWはレコーディング機能を備えた一種の "デジタルミキサー "です。オーディオトラックを録音し、エフェクトを加え、ミックスダウンして最終的なステレオファイルにすることができます。

トラックは隣り合っていて、フェーダー、インサート、センド、パンポットがあります。純正プラグインの他に、サードパーティーが提供する様々なVSTプラグインをDAWにインストールすることで、サウンドパレットを拡張することができます。

しかし、長い話を短くする:どのDAWを選ぶかは問題ではない。個人の好みと目的の問題です。しかし、ここでは3つの異なる応用分野に対する3つの提案をします:

  • ヒップホップ・ミュージックを制作したい(つまりビートを作りたい)なら、FL Studioはとても適している。
  • エレクトロニック・ミュージックの制作には、Ableton Liveをお勧めする。
  • Pro ToolsとLogic Proはミキシングとマスタリングにとても適している。

一致する記事

音響効果

ホームスタジオをセットアップする上でもう一つ重要で、軽視されがちなのが部屋の音響です。ホームスタジオの音響は、プロのスタジオの音響とはほとんど関係ありません。部屋を外から隔離したり、完璧にコンディションを整えたりすることはできませんが、いくつかの推奨事項に従うべきです。

スタジオのルームアコースティックを改善する

基本的に、レコーディング・スタジオの部屋は2つの方法で音響的に処理されなければならない:

遮音性がある: スタジオに出入りする音を減らすことです。これはもちろん、あなたの大音量の音楽が常に隣人に聞こえないようにするためだけでなく、外部の騒音がレコーディングに侵入しないようにするためにも重要です。しかし、このようなルーム・トリートメントは非常に高価なため(通常、ルーム・イン・ルームの工事が必要です)、ホーム・スタジオではあまり意味がありません。

音響処理: この唯一の目的は、より良いレコーディングを行い、賢明なミックスとマスタリングを行うために、スタジオ内の音響を最適化することです。この目的のために、特に吸音材と反射板が使用されます。最終的な目標は、反射音を拾わずに直接音だけを聴く/録音することで、録音時に音が可能な限り透明に保たれるようにすることです。

ですから、部屋の中で良い音を出すための音響対策が必要なのです。そのために、Guide to Improve Room Acousticsという詳細なガイドを書きました。その中で、少ない資金で部屋の音響を大幅に改善する方法を説明しています。

オーディオインターフェース

最高のオーディオ・インターフェース

オーディオ・インターフェースは、コンピュータをあらゆるオーディオ・ソースに接続し、サウンドの録音とモニターへの出力信号の送信を同時に行うことを可能にします。このデバイスは、私たちが自宅スタジオで高品質なレコーディングを行えるようになった理由のひとつです:プリアンプ、ADコンバーター、インターフェイス、DAコンバーターが1つの小型でポータブルなデバイスに統合されています。

オーディオインターフェイスには様々な機能を持ったものがあり、あらゆるものがそうであるように、ニーズに応じてどちらかが必要です。手始めに、2チャンネルのインターフェイスがあれば十分で、異なるチャンネルで2つのトラックを同時に録音し、ステレオ出力信号をスタジオのモニターやヘッドフォンに送ることができます。

初心者の方や低予算の方には、BehringerのUMCインターフェイスをお勧めします(私自身はUMC202を持っていました)。価格性能比という点では、本当に無敵です:値段の割にスーパーなプリアンプで、たくさんの入出力があります。また、インターフェイスが提供すべきすべての機能を、わずか83ユーロで提供しています。もう少し予算があれば、この価格帯で最高のインターフェースの1つであるFocusrite Scarlett 2i2をお勧めします。

しかし、より包括的なものが必要な場合は、RME Universal Audioのインターフェイスをチェックしてみてください。

一致する記事

モニター/ヘッドフォン

2023年ベストスタジオモニター

スタジオモニターやヘッドフォンは、ホームスタジオをセットアップする際に最も重要な機材のひとつでもあります。スタジオモニターは周波数特性がフラットであるべきで、これは音楽がどのように制作されたかにできるだけ近い状態で再生されることを意味します。どの周波数帯域も強調されすぎたり、実際よりも小さく聞こえたりしてはいけません。

なぜなら、モニターが低域に偏りすぎていると、無意識のうちに補正してしまい、他のモニターシステムでは低域が弱すぎるサウンドになってしまうからです。また、スタジオモニターが高音域に弱すぎると、ミキシング時に足りない高音域を補うことになり、他のモニターではミックスがシャープでブライトに聴こえすぎてしまいます。

ホームスタジオにステレオモニターシステムを設置するには、モニターやヘッドホンが必要です。モニターの選択は、設置する部屋の大きさと、使いたいパワーによって決まります。経験則では、モニターが大きいほど低域を正確に再生できます。

しかし、部屋を音響的に処理する可能性がない場合や、音楽で迷惑をかけるかもしれない隣人がいる場合は、スタジオ・ヘッドホンで作業することもできます。スタジオ・モニターよりもすぐに疲れてしまいますが、ミキシング中に十分な休憩を取ることで、同じような良い結果を得ることができます。

のです。 KRK ロキットは、その ヤマハHS5 またはその ADAM T7V は特に高価ではなく、非常に良い選択肢である。

ヤマハのスタジオモニター「HS5」 - ホームスタジオに最適
ヤマハHS5スタジオモニター - ホームスタジオに超適当

8インチがお好みの方は

のです。 Krk RP8 Rokit G4 モニタ 手頃な価格で、卓越したデザインと特徴的な黄色の膜を持つ高品質モニターを手に入れることができる。価格性能比は非常に優れています。

その他、少し高価ですが、Yamaha HS8もお勧めできます。

モニターを買う余裕がまだない場合や、モニターが近所迷惑になる場合は、ヘッドホンで作業することもできます。良い選択肢は、BeyerdynamicのDT-990で、ホームスタジオに最適な周波数特性の良いオープン型ヘッドフォンです(オープン型ヘッドフォンは、クローズ型ヘッドフォンよりも透明度の高いサウンドです)。モニターがあっても、比較するヘッドホンがあるのは常に良いことです。

ホームスタジオを設置する際に考慮すべきいくつかのヒント:

  • 壁や角の近くにモニターを設置すると、低域のレスポンス がアンバランスになります。しかし、やむを得ない場合は、イコライザーを使ってモニターの低音を少し下げてみてください(ほとんどのモニターには少なくとも2バンドのEQが付いています)。
  • トゥイーターは耳の高さに合わせてください。
  • バランスの取れたステレオイメージを得るために、モニターはあなたの位置と正三角形を形成する必要があります。
  • むき出しの壁や窓、滑らかな表面を避けることが重要です......カーペットや発泡スチロール、ディフューザーとして機能する部材を使用することで、音響効果を高めることができます。

一致する記事

MIDIキーボード

ベストMIDIキーボードコントローラー2023

MIDIキーボードは絶対に必要というわけではありませんが、特に作曲をするときに非常に役立ちます。このようなキーボードは、それ自体で音を出すことはできませんが、音を出す他のVSTプラグインやシンセサイザーをコントロールするだけです。そのため、これを使ってあらゆる楽器を演奏することができる:適切なプラグインさえあれば、ギター、ピアノ、ドラム、サンプルなど、あらゆる楽器を演奏できる。

私たちの提案

  • Akai MPK:MPKシリーズは、ホームスタジオに最適なMIDIコントローラーです。このモデルには様々なバリエーションがあります。 25, 37 または 61 鍵盤。どのMIDIキーボードにも、少なくとも8つのドラムパッドがある。僕自身は61鍵盤バージョンをホームスタジオで使っている。
  • つ目のオプションは Native Instruments Komplete Kontrol.このMIDIコントローラーは少し高価だが、より包括的で、ネイティブ・インストゥルメンツのソフトウェアに完璧に統合できる。

ここでは、市場で入手可能なあらゆるサイズの最高のMIDIキーボードを幅広く比較しています。

マイクロフォン

2022年のベストダイナミックマイクロホン

プロジェクトによって、あるタイプのマイクか別のタイプのマイクに興味を持つでしょう。目的別に何千種類ものマイクがありますが、ホームスタジオでは汎用性の高いマイクがベストです。つまり、できるだけ多くの楽器や歌手に合うマイクであることです。

ホームスタジオで最もよく使われているマイクは、Rode NT1A です。その理由は、少ない費用で素晴らしくクリアなサウンドが得られるからです。そのサウンドは、ノイマンU87のような高価なマイクには遠く及びません。しかし、このようなコンデンサーマイクには、良い室内音響が必要です。

ラップマイクロフォン:Rode NT1A
Rode NT1A

部屋の音響が良くない場合は、周囲の雑音を拾いにくく、直接音を拾いやすいダイナミックマイクを使うべきです。Shure SM7Bは市場で最高のダイナミックマイクロホンのひとつだが、決して安くはない。Shure SM58SM57もホームスタジオにおすすめで、ずっと安いです。

ラップマイク:Shure SM7B
Shure SM7B

要するに、高音質のレコーディングをする方法はたくさんある。様々なマイクの中から、自分のニーズに合ったものを見つければいいのです。

また、特にコンデンサーマイクには、マイク用のポップフィルターを使うことをお勧めする。これは安価で、その効果はスピーチやボーカルの録音ではっきりと聴き取ることができる。

ポップ・シールドは、"P "や "B "のような、話すときに強い爆風を発生させる文字である撥音の衝撃を緩和します。ポップ・シールドがないと、この爆風がマイクに当たり、「ポップ」と呼ばれる耳障りな破裂音が発生します。ポップ・シールドはこの爆風をフィルタリングし、録音時にポップ音が発生するのを防ぎます。

一致する記事

家具

実際、必要なのは机だけだ。理想的なのは、机の上にもうひとつ棚を置き、2つの高さを作ること。そうすることで、モニターを調整したり、アクセサリーを扱ったりしやすくなる。

あるいは、19インチの機材やスピーカー、スクリーンを置くスペースがある既製のスタジオ・テーブルを購入することもできます。ホームスタジオ用の機材には、ラックマウント用の特殊な形状のものもありますが、必ずしもラックマウントする必要はありません。

最高のスタジオテーブル

ここでは、最高のスタジオ・テーブルの比較を紹介しよう。スタジオの規模や予算に関係なく、すべてのプロデューサーに合うものがある。しかし私のホームスタジオでは、300ユーロでIKEAの安いパーツを使って巨大なスタジオテーブルを作りました

その他のアクセサリー

基本ができたら、ホームスタジオに追加コンポーネントをセットアップしよう:

  • イコライザーやコンプレッサーなどのアナログ・エフェクター は、ホームスタジオをセットアップする際に考慮すべき点です。どちらもオーディオ・ソフトウェアでバーチャルに利用できますが、アナログ・ハードウェアは通常、デジタル・プラグインよりも良いサウンドを提供しますが、より高価で実用的ではありません。
  • エレキギターやエレキベースをアンプなしでレコーディングする場合、DIボックスは信号品質を向上させるのに非常に役立ちます。
  • 多くのインターフェースには、ヘッドフォン出力が1つしかありません。例えば2つのボイスを録音する場合、それらを別々に出力し、個別に聴けるようにすることは理にかなっています。そのためには、BehringerのHA-4000のような、4チャンネルで独立したボリュームコントロールができるヘッドフォンアンプが必要です。
  • ノイズや干渉を減らすため、バランスケーブルを使用することをお勧めします。

ホームスタジオの設置まとめ

このガイドが、あなたのホームスタジオ設立に役立つことを願っています。そして、まず自分が何をしたいのかを考え、それから自分のニーズと予算に最も合うコンポーネントを選ぶということを忘れないでください。そうすることで、間違った買い物を避け、最終的にお金を節約することができます。

ソーシャルメディアでのWood and Fire

私たちは、独自に製品を調査、テスト、レビューし、ベストな製品を推薦します。お客様が当社のリンクを通じて何かを購入された場合、当社は手数料を受け取ることがあります。

サブソニック808

このサンプルパックには、業界最高の808ベースが62個収録されています!ニュースレターを購読すると、すぐにサンプルを受信することができます。

Subsonic 808 サンプルパック