サウンドエンジニア:職業とトレーニング

音響技術者の仕事は、とてもエキサイティングで、何よりも変化に富んでいます。一日として同じ日がなく、飽きることがない。面白そうでしょう?
808ビート
目次はこちら

サウンドエンジニアという職業についての一般的な情報

サウンドエンジニアは、主にオーディオレコーディングとサウンドエンジニアリングの様々な側面に関わります。サウンドエンジニアとして、完璧で音楽的に最適なサウンドを担当します。

定番の技術的な仕事に加えて、クリエイティブ、デザイン、エディトリアルの仕事もあります。サウンドエンジニアは、音楽、ラジオ、テレビ、映画の制作に携わるほか、大規模なイベントの音響システムを担当します。このブログでは、サウンドテクニシャンのトレーニング、責任分野、必要条件など、サウンドテクニシャンの仕事内容をより詳しく説明しています。

サウンドエンジニアの仕事とは?

サウンドエンジニアは、何よりもまず、音楽の録音や生放送を担当します。サウンドエンジニアは、録音機器やダビング用のシステムを設置し、会話や声、音、音楽などをモニターします。サウンドエンジニアは、屋外や屋内での録音に携わり、コンサートやフェスティバル、ライブ、音楽や映像のレコーディングなどで、自分自身や音響機器の管理を行います。 レコーディングスタジオ などの音楽イベントを開催します。映画の撮影現場での作業は、音楽制作や演劇などのイベントとは異なります。サウンドテクニシャンのトレーニングでは、基本的なことを学びます。

室内録音のオーディオエンジニアは、音響を最適にコントロールしたり、エフェクトをかけたりすることができます。音楽・音響スタジオでは、現場検証を担当し、部屋の中の機材を決定します。雑音のない環境で録音することが重要です。また、サウンドのスペシャリストが、必要なデバイスや機器の調達と設置を行います。

Zionoiz Come to me ft. Veronica JakeVersion

システムや機材のセットアップが終わると、音楽システムをテストし、必要に応じて調整を行うサウンドチェックが行われます。技術的な面は、サウンドテクニシャンのトレーニングの中で最も大きな領域でもあります。音楽・音響スタジオでは、機器や音楽システムを個別に配置することができます。映画の収録や劇場公演では、ミキサーやマイクが撮影の邪魔になる。あなたの仕事は、マイクロフォンを隠すことです。映画の撮影では、マイクはたいてい服の上にあります。セットデザイナーやコスチュームデザイナーに相談することも大切です。

映像作品の場合は、映像技術者と調整して、映像と音声を最適に同期させます。サウンドテクニシャンは、音楽システムや機器にちょっとした問題が発生したときの最初の連絡先でもあります。音楽や映画の制作を継続するためには、不具合を素早く発見し、修正することが必要です。

スポーツイベント、コンサート、ライブ、フェスティバルなどでは、他にも責任のある分野があります。音響技術者は、現場での最高の品質と最適なサウンドに気を配ります。そのためには、他の専門家(照明技師、カメラマン、イベント技術者など)と一緒に、事前に現場検証を行う必要があります。屋外での録音では、ノイズの干渉や音声と楽器の録音の分離を考慮しなければなりません。
サウンドエンジニアは、ポストプロダクションの技術者としても活躍します。ここでのあなたの仕事は、録音のデジタルとアナログの品質をコントロールすることです。例えば、背景の小さなノイズを除去したり、マスタリングやミキシング、編集を行ったりします。ミュージックビデオやコマーシャルでは、様々な効果音やサンプルを加えて録音を改善します。

スタジオで後ろから見ている音響技術者

サウンドエンジニアは、サウンドリインフォースメントとテクノロジーに精通しています。サウンドエンジニアのトレーニングでは、トーンコントロール、ボリュームメーター、シンセサイザー、ヘッドフォン、ラウドスピーカー、マイク、ミキシングコンソール、サウンドカードなどの使い方を学びます。もちろん、これらの機器を仕事で使いこなせる、応用できることも必要です。サウンドエンジニアの仕事は非常に多岐にわたるため、プロとしての経験も重要な役割を果たします。時間が経つにつれ、サウンドテクノロジーの新しい分野を知り、使いこなすことができるようになります。

サウンドエンジニアの活躍の場は?

サウンドテクニシャンの仕事の特徴は、さまざまな分野や業界で活躍できることです。就職先の多くは、映画や劇場の制作、ディレクター、アーティスト、プロデューサー、音楽レーベル、ラジオ局やテレビ局、サウンドスタジオなどです。

808ビート制作
808 ビート プロダクション

サウンドエンジニアは、通常、一日に何度も仕事をすることはありません。また、自営業者になって、自分でイベントやプロジェクトに足を運ぶという方法もあります。バンドのサウンドスペシャリストとして、バンドのツアーにも同行することになります。そのため、数日から数週間程度の外出であれば問題ありません。この仕事では、レジリエンスと柔軟性がとても重要です。また、夜間や休日、週末にも勤務しなければならない可能性があります。

サウンドエンジニアのトレーニングはどのようなものですか?

古典的な音響技術者のトレーニングはありません。もし、後にサウンドテクニシャンとして働きたいのであれば、サウンドテクニシャンのトレーニングとしてクレジットされている、音と映像のメディアデザイナーやオーディオエンジニアのトレーニングを検討するとよいでしょう。音と映像のメディアデザイナーとしての育成は、二重構造になっています。音響技術者養成の理論的・技術的内容はすべて学校で学びます。実践的な部分と実施のために、あなたはトレーニング会社にいます。オーディオ・エンジニアになるためのトレーニングは、純粋に学校をベースにしたもので、専門学校や大学で行われます。トレーニングの期間やトレーニング内容は、コース提供者が事前に決定します。そのため、個々のコースやトレーニングプログラムは異なる場合があります。

音と映像のメディアデザイナーとしての育成

音と映像のメディアデザイナーとしてのトレーニングでは、音と映像の録音の企画、構成、制作、正確な実施に関するすべてを学びます。これには、システムの設置や設定、最適な照明の導入などが含まれます。録画した音や映像を調整・変更できる様々なプログラムを知ることができます。撮影後は、作成した音や映像のファイルを技術的に整えたり、お客様の要望を取り入れたりするのが仕事です。また、ライセンス法とデータ保護も、サウンドテクニシャンやメディアデザイナーとしてのトレーニングで学ぶ重要なテーマのひとつです。雇用主によっては、お客様と直接仕事をすることもあります。トレーニングの一環として、お客様のカウンセリングも行います。

アーヘンのレコーディングスタジオ「サウンドクラフト

サウンド・テクニシャン/オーディオ・テクノロジー・スペシャリストとしてのトレーニング。

すでに述べたように、このトレーニングは学校でしか行われません。音響学、耳のトレーニング、技術的な操作など、さまざまな科目が教えられます。さらに、個々の音楽システムの構築・設置や、撮影現場やイベントでの注意点などもすべて学ぶことができます。スクール形式の研修であっても、今後の仕事に大切な実践的な基礎知識を学ぶことができます。他にも、ライブ音源の伝送、ライブ音源の録音、編集などが研修のテーマであり、課題です。オーディオ・テクノロジー・スペシャリストとしての実習を修了すると、音楽・音響スタジオ、映画製作、ミュージカル、劇場公演などの仕事に就くことができます。

サウンドエンジニアリング分野の研究

将来のサウンドテクニシャンとして、サウンドエンジニアリングのサウンドエンジニア/サウンドマスターを目指して勉強するという選択肢もあります。この学位プログラムは、カレッジや大学で修了することができ、通常は6~7学期で終了します。ここでは、音楽理論、リスニングスキル、作品、文学、音楽伝送、一般的なオーディオエンジニアリングのすべてを学ぶことができます。

のです。 SAE この分野では、世界中でさまざまな学位プログラムが提供されています。

サウンドエンジニアの条件とスキル

サウンドエンジニアとして働くには、ある程度のスキルが必要です。技術に精通していて、耳がいい人。メディア制作では、録音機器や音響技術、マイクなどの知識が必要になります。屋外での録音を担当する場合は、音響機器を最適に配置することが必要です。音響的には、配置が非常に重要です。サウンドエンジニアには、機器の操作方法やメンテナンス方法が必要です。また、サウンドの最適化、周波数処理、電気音響学、音響学、音楽理論などの専門知識も必要です。あなたの職業では、創造性や直観力も非常に重要です。小さなトラブルやミスでも、サウンドトラック全体に影響を与えることがあります。ライブやショーでは、事前の準備やテストが非常に重要です。本番ではすべてがフィットしなければなりません。もしあなたがポストプロダクションの仕事をしているなら、さまざまな編集技術と適切なソフトウェアに精通している必要があります。小さなノイズを見つけて最小限に抑えるには、良い耳が必要です。時には、ある種の効果音を挿入することも必要です。ここでは特に想像力と経験が重要になります。就職の可能性を高めるためには、音響技術者の職業をよりよく知るためにインターンシップを行うべきです。

広告宣伝

ソーシャルメディアでのWood and Fire

私たちは、独自に製品を調査、テスト、レビューし、ベストな製品を推薦します。お客様が当社のリンクを通じて何かを購入された場合、当社は手数料を受け取ることがあります。

サブソニック808

このサンプルパックには、業界最高の808ベースが62個収録されています!ニュースレターを購読すると、すぐにサンプルを受信することができます。

Subsonic 808 サンプルパック

808の無料サンプルをプレゼント

このサンプルパックには、業界最高の808ベースが62個収録されています!ニュースレターを購読すると、すぐにサンプルを受信することができます。