DEAL:ビート1枚購入で、お好きなビート1枚プレゼント

音楽記号・標識

音楽記号・シンボル

目次はこちら

音楽記号は、音楽を書いたり読んだりするときに使う図形表現です。通常の言語で発音された言葉を読み書きができるように、音楽記号にもそれぞれ機能があり、読み書きがしやすいようになっている。

楽曲の全文が書き込まれた書類を" "という。スコア" で構成されており、楽譜はいくつかの "ステーブス"(または ステーブシステム).五線譜に音楽的な記号やシンボルを配置する。

3つのステーブシステム
3 ステーブシステム

五線譜は、5本の水平線が等間隔で平行に走るパターンである。行を下から上へ数えることが合意された。一番下の線が1番目、一番上の線が5番目です。

行間はスペースと呼ばれ、これも下から上へ数えます。五線譜は5つの線と4つのスペースで構成され、そこに音符を書くための文字が配置されている。

音楽記号の分類

クレフ

音部記号は、五線譜の先頭に書かれた音楽記号です。五線譜上の音名を指定すると同時に、一般的な音階の中での位置を示すために使用されます。

一般的な音階は、声や楽器が演奏できる最低音から最高音までのすべての音の連合体である。

音部記号は何と呼ばれているのですか?
音部記号は何と呼ばれているのですか?

現代音楽で使われる音部記号は3つある。

  • のです。 低音部記号というのは、スタッフの3、4行目にある。
  • のです。 シーキーは、スタッフの1行目、2行目、3行目、4行目にある。
  • のです。 ジーキーという、スタッフの1行目と2行目にある。
3つの共通クレフ
3つの共通クレフ

音部記号は、同じ線上にある音に名前をつけている。

ノート値

音楽において音価とは、楽曲中の特定の音の音楽的な長さを図式化した記号のことである。音符の相対的な長さは、音符の頭の色や形、音符の茎の有無、鉤括弧の有無によってグラフィカルに表現されます。

最も頻繁に使用される図形は7つで、以下のように音楽の図形要素として指定されている。全音符、二分音符、四分音符、八分音符、十六分音符、三十二分音符。

音価の違いについて
音価の違い:全音符、二分音符、四分音符、八分音符、十六分音符、三十二分音符、六十四分音符 

主な登場人物は7人で、大きいものから順に並んでいます。

  • 全音符は、4ストローク(4)をマークします。
  • 二分音符, 2打(2)。
  • 4分音符, 一筆書き(1)。
  • 8分音符, 半拍(1/2)。
  • 16分音符は、1/4拍子(1/4)を打ちます。
  • 三十二分音符, 8分の1拍子(1/8)です。
  • 六十四音符 は16分の1拍子(1/16)をマークします。

キャラクターを置き換える

付帯音や偶発音は、自然音や変化音のイントネーション(音程)を変化させる音楽における符号のことです。最も一般的なアクシデンタルは クロスは、その b とのことです。 ディゾルブサイン.

クロス、b、解像度記号
クロス、b、解像度記号

このような音楽記号は全部で5つあります。

  • のです。 クロス.音のイントネーションを半音上げる。
  • のです。 ダブルクロス.シンプルなクロスに比べ、音のイントネーションを2倍高めることができます。
  • のです。 b.音のイントネーションを半音下げます。
  • のです。 ダブルb.単純なE♭に比べ、2倍ほど音のイントネーションを低くする。
  • のです。 ディゾルブサイン.シャープとフラットの効果を破壊する。クロスを上げた音色を下げ、イを下げた音色を上げる。

サイン

アクシデンタルとは、楽譜の一番最初、音部記号の後、拍子記号の前に現れる音楽記号のことです。調を決定するもので、調号とも呼ばれます。音楽の中で同じ名前の音符をすべて変えてしまうのです。

調号は、bsかsharpsかによって、必ず一定の順序で表示されます。bsの順番はcrossの逆順、逆もまた然りです。スペーシングは常に 第五.

bsの順。

b♭ ・e♭ ・a♭ ・d♭ ・g♭ ・c♭ ・f♭ ・・・・・・・・・・・。 B角柱 Eペン先 And D持つ Gイエス Cハーレス Fアター

十字架の順番

f♯ - c♯ - g♯ - d♯ - a♯ - e♯ - b♯. Fアザー Cハーレス Gイエス D持つ And Eペン先 Bのアトルです。

警告の証拠

警告偶発語または注意偶発語は、不要な偶発語だが、読み間違いを避けるために配置される偶発語である。現在、小節線は転位記号の効果を打ち消すものと考えられている(音符が不明瞭な場合を除く)。しかし、次の小節に同じ音が現れると、編集者はその音の正しい音程を思い出すために、この臨時記号を使うことがよくあります。臨時記号の使用は様々ですが、以下のような特定の状況では義務であると考えられています。

  • ある小節の最初の音が、前の小節で行われた変更の影響を受ける場合。もし、小節の上に偶然の効果を運ぶスラーの後、次の小節で同じ音が再び現れるとしたら。
  • 他にも用途はありますが、常時使用するものではありません。警告の偶発音は、その想起性を強調するために括弧内に置かれることがある。補完的な臨時記号は、あいまいさを明確にするために使用することができますが、最小限にとどめる必要があります。

時計

拍子記号は、アクセントのある部分とない部分の対比があるグループに編成されたいくつかの時間単位(音楽図形)からなる計量音楽単位である。

拍子記号は、さまざまな基準で分類することができます。二進法、三進法、四進法は、拍子の数で区別されます。一方、各ビートの2分音符、3分音符の違いにより、単純小節(2分音符の小節)、複合小節(3分音符の小節)が存在します。

異なる拍子記号
異なる拍子記号

拍子記号は、西洋音楽の記譜法において、各小節が何拍子で、どの楽譜が1拍子であるかを示すために使用される慣習であり、その図形表現は拍子記号番号で示される。楽譜では、作品の五線譜の先頭や2小節の後に小節を配置し、小節の変化を示す。小節への分割は、五線譜に直交する小節線またはバーラインと呼ばれる縦線で表現される。

小節を形成する2つの区切り線の間にある一連の値、音符または休符。これらの値の合計は、楽曲を構成するすべての小節で同じでなければならず、したがって、すべての小節は同じ長さでなければならない。

リピートサイン

音楽でいうところのリピート記号は、ある部分を繰り返すことを示す記号である。繰り返し記号が1つだけなら、その曲は最初から繰り返され、その後も続く(記号が曲の最後に現れるなら終わる)ことを意味します。

同じ音符でも、反対方向の音符は、繰り返しを始める場所を示している。これらは、ダ・カーポやダル・セーニョの表示と同様である。

これらの記号は、1つまたは複数の小節が繰り返されることが多いので、楽譜のスペースを節約するのに役立ちます。

リテイニングアーチ(結紮)

ストップスラーは、同じ音で、ほとんど同じ名前の2つの音を、たとえ長さが違っても結合する記号です。この記号は、2音目の値が1音目の値と結合することを示します。

リテイニングアーチ
リテイニングアーチ

他の文字では書けないデュレーションを得るためには、このタイが不可欠である。

休憩時間

音楽における休符とは、楽曲中の特定の休符の長さを図式化した記号のことである。休符の相対的な持続時間のグラフィック表現は、五線譜上の位置や目盛りの数などのプロパティが変更された一連の異なる記号によって行われます。

スタッフにポーズが表示されたら、その部分を演奏してはいけないということです。

音楽の休憩時間
上:ノート、下:ノート休憩時間

7つの静寂の図形があり、それらは音のない状態が多かれ少なかれ長く続くことを表現しています。

  • ホールブレイク
  • ハーフポーズ
  • クォーターブレイク
  • 8回目の休憩
  • 16分音符の休符
  • 30秒のポーズ
  • 六十四の間

フェルマータ

楽譜上では、休符を示す記号で、その記号が影響する楽譜の長さを延長します。つまり、この延長はその瞬間まで演奏されていた小節を中断させ、影響を受けた音符、休符、小節は楽譜に示されているよりも長く保持しなければならない。

正確にどの程度時間を延長するかは、演奏者や指揮者の裁量によるが、2倍にするのが一般的である。

音楽記号「フェルマータ
音楽記号「フェルマータ

アリア・ダ・カーポでは、第1部の終わりを示す記号("fine")である。また、ソロの協奏曲では、いわゆるカデンツァと呼ばれる、ソリストの即興演奏に捧げられる部分を示す。

シンコペ

音楽におけるシンコペーションとは、小節内の弱点または半強点にある音を強調することによって、何らかの形でリズムの規則性を中断させる作曲法のことである

と連携できるそうです。 備考 小節の強拍を超えるものが書かれる。4分音符と8分音符のシンコペーション
4分音符と8分音符のシンコペーション
で使用することができます。 休憩時間 (この場合、コントラティエンポと呼ばれます)。リズムを演奏する楽器が持続音を出さない場合は、まさに数字で書かれているように聞こえます。ポーズのシンコペーション
ポーズのシンコペーション
楽器の場合 ちょうおん スラーで書かれたシンコペーションを演奏すると、同じリズムになる。長く引き伸ばされた音によるシンコペーション
長く引き伸ばされた音によるシンコペーション

ノート分割。デュオレ、トリプレット、クワート、キントレ...。

特殊価値群、人工群、不規則価値、または単に音符分割とは、音楽において、自然群として表現される音符とは異なる持続時間(長いまたは短い)を持つ音符のグループのことである。

リズム単位の分割は、既存の図形から派生するものであれば、原則としてどのようなものでもよい。これを自然分割といいます。

逆に、通常の数ではなく、人工的な群から導かれた数を用いて割り算を行う場合は、人工割り算と呼ばれます。

現代音楽で最もよく使われる音符の分割は トリオールただし、4分音符と8分音符のような2つの音を組み合わせて3連符にすることもできるので、必ずしもそうである必要はありません。

通常、数字の3のついたバーを上に置いて表記する。三重奏は、2の時に3ということは、その数が必然的に速くなることを意味するので、還元によって特別に評価されるグループである。3連符は通常、複合拍子(小節の小節単位が3つにまとまっている)または単純拍子(小節の小節単位が2つにまとまっている)を実現するために使用されます。

高音・低音オクターブ

これらの音楽記号は、五線譜上の目的の音の高さを決定するのに役立ちます。

非常に高い音の場合、五線譜だけでは足りず、もっと多くの線を設定することができますが、そうすると譜読みが複雑になります。そこで、ローオクターブでハイオクターブと解釈できるような記号を使うのです。

括弧内に8vbの表記があるもの(ital. ottava bassa:「低いオクターブ」。)と8va(イタリア語: ottava alta 「高いオクターブ」。は、表記より1オクターブ低く、または高く鳴ることを示します。

ハイオクターブ
ハイオクターブ

トリル

トリルとは、2つの音を速く交互に並べた「音楽の装飾音」である。ルート音とスケールの次の音をできるだけ早く繰り返さなければならない。

トリルはtr.という文字で表され、準備、拍、終わりの3つの部分から構成される。

トリル
トリル:各種表記

トリルは、速いパッセージでは明るく、遅いパッセージでは柔らかく、常に非常に均等に演奏する必要があります。

アルペジオ

アルペジオ(イタリア語のアルペジオ、ハープの語源)とは、和音の前に置かれる記号で、その和音の音を低い音から順に連続して打つことを示すものである。

音は同時に演奏されるのではなく、次々と演奏される、つまり展開和音で演奏される。

アルペジオの例
アルペジオの例

殺人

モーデントは、2つの音を交互に出すことによって、ある音を非常に速く演奏しなければならないことを示す旋律上の変奏曲である。

このうち、1音目はモーデントの付く主音と同じ音、2音目は高い段の音である。(1音分または半音分)。

モーデント
モーデント

モーデントはきれいに、簡潔に演奏することが大切です。

ダイナミックなニュアンス

ダイナミックまたはインテンシティ・ニュアンスとは、1つまたは複数の音、パッセージ、または音楽全体が通過する強度の違いである。レギュレーターと呼ばれる記号で示されるほか、イタリア語でも示される。

音は弱くもあり、強くもある。前者は、"ピアノ「という単語で、後者は"フォルテ" を表現しました。

しかし、"ピアノ" と "フォルテ" は、その強度が異なる場合があります。ffff」が多いほど大きな音で、「ppp」が多いほど小さな音で演奏しなければならない。

名前ダイナミックシンボル意味
ピアニッシッシモミュージックダイナミックピアノ.svgミュージックダイナミックピアノ.svgミュージックダイナミックピアノ.svgできるだけ静かに
ピアニッシモミュージックダイナミックピアノ.svgミュージックダイナミックピアノ.svg非常に静か
ピアノミュージックダイナミックピアノ.svg静粛性
メゾピアノミュージック・ダイナミック・メゾ・ピアノ.svg中静粛性
メゾフォルテミュージック・ダイナミック・メゾ・フォルテ.svgによる手段
フォルテミュージックダイナミックフォルテ.svgによると
フォルティッシモミュージックダイナミックフォルテ.svgミュージックダイナミックフォルテ.svg非常に大きな音
フォルティッシッシモミュージックダイナミックフォルテ.svgミュージックダイナミックフォルテ.svgミュージックダイナミックフォルテ.svgできるだけ大きな音で
スフォルツァンド音楽表現スフォルツァンドsf.svg , 音楽表現スフォルツァンドsfz.svg または 音楽表現forzando.svg強い、強調された
ピアノ・フォルテミュージックダイナミックピアノ.svgミュージックダイナミックフォルテ.svgまず小さくなり、次に大きくなる
フォルテピアノミュージックダイナミック フォルテピアノ.svgまず大きくして、次に小さくする
メノピアノ静粛性の低下
メノフォルテノイズの少なさ
Piano subito突然の静寂
フォルテ・スビート突然の大音量

ピカッと、スタッカート

スタッカートは、音を短くするためのアーティキュレーションマークで、音の上下にドットで表現されます。音楽におけるアーティキュレーションとは、音と音の間をどのように移行させるかということである。

スタッカート
スタッカート

スタッカートは、音を元の値から微妙に短くし、この「スタッカート」の音は、次の音とポーズで区切られます。この短い沈黙は、ノートの音量に影響を与えません。

ソーシャルメディアでのWood and Fire

サブソニック808

このサンプルパックには、業界最高の808ベースが62個収録されています!ニュースレターを購読すると、すぐにサンプルを受信することができます。

Subsonic 808 サンプルパック

808の無料サンプルをプレゼント

このサンプルパックには、業界最高の808ベースが62個収録されています!ニュースレターを購読すると、すぐにサンプルを受信することができます。