12大音階を簡単に説明すると

メジャーキーは、すべての音楽で最も頻繁に使用されるキーです。それらを知り、使いこなすことは、作曲をする上でとても重要なことです。今日のこの記事では、12大スケールについてお話します。
目次はこちら

音階はすべて、この場合はメジャー・スケールかアイオニック・モードだが、調性とモダリティという2つの要素で構成されている。

メジャー・スケールは、トニックと呼ばれる1つの音から形成される。このトニックを起点として、メジャー・スケールは一定の階層構造を持つ8つの音の並びによって構築される。

これらの音の関係は、その機能性から「度」と呼ばれますが、その音の間の距離によって、ある意味ではメジャーモードやイオンモードに相当する方式を生み出します。

自分で音楽をプロデュースしてみたいですか? ここでは、そのために必要なことを具体的に説明します。!

すべてのステップ間の距離は1音であるが、III-IVステップとVII-VIIIステップの間は半音に相当する。

この方式は、ピッチに関係なく、すべての主要なモードで観察されます。そのため、メジャースケール内の音律は以下のようになります。

トーン - トーン - ハーフトーン - トーン - トーン - ハーフトーン

12音のうちの1音を取り上げ、この距離を利用すると、以下に示す12のメジャースケールが得られます。

circle of fifths: に配列されています。

5分の1拍子のメジャースケール
5分の1拍子のメジャースケール

Cメジャースケール

Cメジャースケール

のです。 キー ハ長調(ラテン語表記ではドM、アングロサクソン表記ではモデルスケール、Cとも呼ばれる)は、C音を中心としたメジャースケールを基本とし、C、D、E、F、G、A、B(B)の音から構成されています。そのキーにはバスやクロスが含まれない。相対的短調はイ短調、同名の調はハ短調である。

トライアドコードです。 C-E-G

彼のキーのメジャーコードはハ長調、ヘ長調、ト長調、マイナーコードはイ短調、ニ短調、ホ短調、そしてBはディミニッシュコードである。

Cメジャーは、音楽で最もよく使われるキーの一つです。多くの移調楽器は、ハ長調で書かれたパートを演奏すると、元の調で鳴ります。例えば、Cメジャーで書かれた曲をBbクラリネットで演奏すると、Bbメジャーの音になります。ピアノの白鍵は、Cメジャースケールに対応しています。

Gメジャースケール

Gメジャースケール
Gメジャースケール

Gメジャーのキー(ヨーロッパ方式ではG M、英語方式ではG、ラテン表記ではSol Mと略される)は、Gメジャースケールで構成され、G、A、B、C、D、E、F sharp、Gの音が含まれている。

相対するキーはEマイナー、同名のキーはGマイナーです。

のです。 コード: G-B-E

Johann Sebastian Bachの音楽では、アルフレッド・アインシュタインによるとト長調は6/8拍子で連鎖したリズムの調が多く、バロック時代にはト長調が「祝福の調」とされていたそうである。

ドメニコ・スカルラッティの555曲のピアノソナタのうち69曲がト長調であり、ハイドンの104曲の交響曲のうち12曲がト長調である。一方、ベートーヴェンはト長調を使うことは非常に少なく、この調を使った主要なオーケストラ作品はピアノ協奏曲第4番だけです。

ト長調のオーケストラ作品では、ティンパニのチューニングは、他のキーでよく見られる4分の1ではなく、GとDでは5分の1になっていることが多い。

マッチングを行う。 音楽的なシンコペーションのすべてと、それを作曲にどう使うか。

Dメジャースケール

Dメジャースケール
Dメジャースケール

ニ長調(ヨーロッパ系ではD、アメリカ系ではDと略記)は、ニ長調の音階で構成され、D、E、嬰ヘ音、G、A、B、嬰ハ音、Dの音を含み、調号は2つの十字記号を含んでいます。キーにはシャープが2つ含まれています。

相対するキーはBマイナー、同名のキーはDマイナーです。

トライアドコードです。 D-F#-A

ニ長調は、4本の弦がG、D、A、Eに調律されているという楽器の構造上、バイオリンの音楽にとても適しています。 開放弦はD弦と共鳴して、特に輝かしい音を奏でます。クラシック音楽の作曲家がニ長調のヴァイオリン協奏曲を作曲したのは偶然ではありません。 モーツァルト (1775年第2号、1775年第4号)。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven (1806年)、パガニーニ(第1番、1817年)、ブラームス(1878年)、チャイコフスキー(1878年)、プロコフィエフ(第1番、1917年)、ストラヴィンスキー(1931年)、コルンゴルト(1945年)などがあります。パガニーニもその一人で、協奏曲第4番ニ短調などではこの略語がよく使われている。

ギター音楽にとても適しています。6弦(通常はE)を1音下げてDとし、Dを2本残して開放弦とすることができます。ドメニコ・スカルラッティは、ギターの奏法を真似てピアノ・ソナタを作曲しました。そのためか、555曲のソナタのうち70曲以上がニ長調で、他のどの調よりも多くなっています。

しかし、初心者の管楽器奏者の中には、ニ長調はBb楽器ではホ長調に移調されるため、あまり気持ちの良いキーではなく、初心者の奏法では一般的にシャープが3つ以上あるキーは避けた方が良いとされています。

とはいえ、Bbクラリネットはニ長調の音楽に使われることが多く、この楽器にとって実用的なシャープの数が最も多いキーであると思われます。しかし、Bbクラリネットでニ短調の作品を書いていても、ニ長調になるとAクラリネットに差し替える作曲家もいます。

Aメジャースケール

Aメジャースケール
Aメジャースケール

イ長調(ラテン系ではLaM、アメリカ系ではAと略される)は、メジャースケールAからなり、A、B、Cシャープ、D、E、Fシャープ、Gシャープ、Aの音を含む調である。キーは3つのクロス記号(F、C、G)を含む。相対する調は嬰ヘ短調で、同名の調はイ短調である。

トライアドコードです。 A-C#-E

交差点の多い他のキーほど交響曲の文献は珍しくありませんが、イ長調の交響曲の例はニ長調やト長調のものほど多くはありません。ベートーヴェンの交響曲第7番、ブルックナーの交響曲第6番、メンデルスゾーンの交響曲第4番は、ロマン派におけるこの調の交響曲のリストをほぼ網羅している。クラリネット協奏曲とクラリネット五重奏曲(ともにモーツァルト)は、どちらもイ長調です。室内楽ではイ長調が多くなります。ブラームスもフランクもイ長調のヴァイオリン・ソナタを書いています。

クリスチャン・フリードリヒ・ダニエル・シューバルトによると、イ長調は「」に適したキーだそうです。無邪気な愛の宣言、...離れ離れになった最愛の人との再会の希望、若々しい喜びと神への信仰。".共感覚では緑色を表すのに使われます。

Eメジャー・スケール

Eメジャー・スケール
Eメジャー・スケール

Eメジャーのキーは、音符Eの長音階で、E、F sharp、G sharp、A、B、C sharp、D sharp、Eの音を含み、そのキーには4つのシャープが含まれています。相対するキーは嬰ハ短調、同名のキーはホ短調です。

トライアドコードです。 E-G#-B

ラテン系ではMi M、アメリカ系ではEと略されています。

ハイドンの104曲の交響曲のうち、ホ長調は第12番と第29番の2曲だけです。

19世紀になっても、この調の交響曲は珍しく、アントン・ブルックナーの交響曲第7番は数少ない例の一つです。ニ短調で始まりホ長調で終わる交響曲は、ハベルガル・ブライアン(1876-1972)の「ゴシック」交響曲と、カール・ニールセン(1865-1931)の交響曲第4番があります。マーラーの交響曲第4番は、ト長調で始まり、ホ長調で終わります。

Eメジャーは、フランツ・シューベルト(1797-1828)の未完の交響曲の終楽章、グスタフ・マーラー(1860-1911)の交響曲第4番、セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)の交響曲第2番、ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906-1975)の交響曲第10番のキーでもあります。

このキーは、管楽器には難しく、交響楽団の弦楽器には受け入れられ、ギターにはとても適しています。可能であれば、B♭のクラリネットの代わりにAのクラリネットを使用してください。前者はト長調、後者は嬰ヘ長調か変ト長調で書かれます。

ギリシア人は、それぞれの音階の音程の大きさが異なるため、それぞれのモードが容易に認識できることから、それぞれのモードに特定の性質を持たせていた。しかし、平均律が使われるようになってからは、すべての調の音程は定義上同じであるため、ある調の性質が他の調の性質と異なるという話は意味をなさない。とはいえ、ロシアの作曲家アレクサンドル・スクリャービン(1872-1915)は、ホ長調を「すべての調の中で最も純粋な調」と考え、共感覚において白を表すのに選んだ。

Bメジャースケール

Bメジャースケール
Bメジャースケール

Bメジャー(ラテン系ではSi Mayor、アメリカ系ではBの略)は、Bメジャースケールで構成されるキーで、B、C sharp、D sharp、E、F sharp、G sharp、A sharp、B♭の音が含まれています。キーには5つのシャープが含まれています。相対するキーは嬰ト短調、同名のキーはロ短調です。

トライアドコードです。 B-D#-F#

ロ長調は、5分の1拍子に見られるようにハ長調から離れていることや、シャープの数が多いことなどから、奇妙で難しい音階と思われがちだが、フレデリック・ショパンは、黒鍵に指が届きやすいことから、最も弾きやすい音階のひとつと考えている。彼はよくピアノ初心者にこの曲を勧めていましたが、Cメジャースケールを最後まで残したのはそのためです(黒鍵がないために流暢に弾くのが最も難しいからです)。

共感覚では青色を表すのに使われます。

F sharp major scale(Gb major)

F sharp major scale
F sharp major scale

嬰ヘ長調(ラトビア式Fa♯M、アメリカ式F♯の略)とは、嬰ヘ長調の音階からなる調で、F嬰、G嬰、A嬰、Bナチュラル、C嬰、D嬰、E嬰、F嬰の音を含む。キーには6つのシャープが含まれています。相対するキーは嬰ニ短調、同名のキーは嬰ヘ短調です。そのエンハーモニックに相当するのが 変形ト長調.

トライアドコードです。 F#-A#-C#

メジャースケール
メジャースケール

ドメニコ・スカルラッティがこの調で作曲したソナタは、K.318とK.319の2曲のみで、これ以上の十字架を持つ調のソナタはありません。標準的なレパートリーとしては、未完成のまま残ったグスタフ・マーラーの交響曲第10番だけでしょう(ただし、この調の他の交響曲の楽章はいくつかあります)。スクリャービンのピアノソナタのうち、4番と5番は嬰ヘ長調です。共感覚では天体の色を表すのに使われます。

続きを読む ペンタトニック - 解説・歴史・応用編

C sharp major scale (D♭ major)

C sharp major scale
C sharp major scale

嬰ハ長調(ラテン語系の略称Do♯M、アメリカ系の略称C♯)とは、長音階C嬰からなる調で、C嬰、D嬰、E嬰、F嬰、G嬰、A嬰、B♭の音が含まれます。キーには7つのシャープが含まれています。

相対するキーは嬰イ短調、同名のキーは嬰ハ短調です。そのエンハーモニックに相当するのが 変ニ長調.

トライアドコードです。 Cis-Eis-Gis

D♭メジャースケール
D♭メジャースケール

嬰ハ長調のハープでは、すべてのペダルがダウンポジションになります。弦を弾いて短くしているので、楽器の中で最も響きの少ないキーです。

クラシック音楽での使用嬰ハ長調の7つのシャープに対して、変ニ長調は5つのBしかないので、エンハーモニックに相当する変ニ長調を好む作曲家が多いのですが、嬰ハ長調を選択することもあります。

  • ヨハン・セバスチャン・バッハは、『平均律クラヴィーア曲集』の両巻に収録されている「前奏曲とフーガ第3番」にこの曲を使用しています。
  • ベラ・バルトークの弦楽四重奏曲第3番は、このキーの数少ない作品のひとつです。
  • ハンガリー狂詩曲第6番では、リストが冒頭で変ニ長調から嬰ハ長調に調を変えている。
  • ジャンヌ・デメシューの「6つのエチュード」シリーズ作品5の「オクターブ」は、難易度の高いオルガン曲で、ハ短調でも聴くことができます。

A♭メジャースケール(G sharp major)

A♭メジャースケール
A♭メジャースケール

A♭メジャー(ラテン系ではLa♭M、アメリカ系ではA♭と略す)は、Aメジャースケールで構成されるキーで、A♭、B♭、C、D、E♭、F、G、Aの音が含まれる。そのキーには4つのベースが含まれています。相対的なキーはFマイナー、同名のキーはA♭マイナーです。

トライアドコードです。 As-C-Es

このキーは、平和と静けさを感じさせると言われており、フランツ・シューベルトが多用していました。フレデリック・ショパンのピアノ作品のうち、24曲が変イ長調で、他のどの調よりも多い。

これは、ブルックナーがハ短調の最初の2つの交響曲で、またドヴォルザークが唯一のハ短調の交響曲で採用した方法でもあります。

18世紀のオーケストラ作品では、変イ長調が中心的な調性として選択されなかったため、この調性のパッセージや楽章では、前の楽章のティンパニのチューニングがそのまま使われています。例えば、ベートーヴェンの交響曲第5番では、第1楽章のティンパニはCとGに調律されています。ティンパニは手動で調律していたため、第2楽章のA♭とE♭に調律し直す時間がありませんでした。しかし、ブルックナーの交響曲第1番では、第1楽章ハ短調と次の第2楽章変イ長調の間でティンパニが再調律されています。

星条旗」には変イ長調の編曲が多く、プロの歌手はオーディションで変イ長調か変ロ長調で歌うことになっています。

エドワード・エルガーの交響曲第1番変イ長調は、この調の交響曲としては唯一、オーケストラの標準的なレパートリーになっています。変イ長調は、ドメニコ・スカルラッティのピアノソナタで最もBが多い調であるが、K.127とK.130の2回しか使われていない。 フェリックス・メンデルスゾーンとジョン・フィールドは、ホルンとトランペットを変イ長調に調律した変イ長調のピアノ協奏曲を作曲している(メンデルスゾーンの協奏曲は2台のピアノのためのもの)。共感覚ではバイオレットの色を表すのに使われます。

E♭メジャースケール(D sharp major)

E♭メジャースケール
E♭メジャースケール

E♭メジャーのキー(ヨーロッパ系ではMi♭M、アングロサクソン系ではE♭と略す)は、E♭メジャーの音階(E♭、F、G、A♭、B♭、C、D、E♭)である。キーには3つのB♭が含まれています。

トライアドコードです。 E-G-B

この調性は、一般的に勇敢さを連想させる音色を持つ金管楽器で演奏しやすいものです。例えば、ベートーヴェンの英雄交響曲にはそんなキャラクターがあります。ベートーヴェンは、最後のピアノ協奏曲であるピアノ協奏曲第5番「皇帝」でもこの調を使用しており、この曲も英雄的で荘厳な性格を持っていると言えるでしょう。しかし、ブルックナーの交響曲第4番(「ロマンティック」)や、アレクサンドル・グラズノフの壮大な「サクソフォンと弦楽オーケストラのための協奏曲」など、甘くロマンティックな作品もあります。モーツァルトはこの鍵盤を様々なピアノ協奏曲や壮大な交響曲第39番などで多用しており、オペラ「魔笛」の開閉にも使われている主調でもあります。

Bメジャースケール(A sharp major)

Bメジャースケール
Bメジャースケール

Bメジャー(ラテン語系ではSi♭M、英語系ではB♭Mと略す)のキーはB♭メジャースケールで、B、C、D、E♭、F、G、A、B♭の音が含まれている。キーには2つのB♭が含まれています。相対するキーはト短調、同名のキーは変ロ短調です。

トライアドコードです。 B-D-F

なお、ドイツ語ではBサインの音は「B」、ナチュラルは「H」です。これに対して、英語のシステムでは、Bは当然「B」、Bは「B♭」となります。

B♭は、ほとんどの管楽器、特にBクラリネットやBトランペットなどの木管楽器にとって心地よいキーです。管楽器の多くはB♭に移調するので、管楽器にとっては楽なキーです。例えば、サックス、クラリネット(Aを除く)、B♭のハイホルンなどは、B♭(その場合はCメジャーの音符を読みます)またはE♭(その場合はFメジャーの音符を読みます)に移調します。ホルンのFのように、ト長調に移調する場合もあります。

このキーは、これらの管楽器が多く使用されるサルサやメレンゲでよく使われます。交響楽団のために書かれたり編曲されたりした作品の多くは、上記の理由からB♭またはその関連するマイナーのキーを使用しています。

ヨーゼフ・ハイドン(1732-1809)の交響曲第98番は、彼がこの調で書いた最初の交響曲で、トランペットとティンパニのパートもあります。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)のピアノ協奏曲のうち、5曲は変ロ長調である。

まだ平均律が使われていなかったバロック音楽では、それぞれのキーが独自の性格を持っていましたが、ほとんどがト短調より上にあることから、進歩のキー、ルネサンスのキーと呼ばれていました。バロック時代のピアノ協奏曲の歴史の中で、様々な場面で、変ロ長調は進歩とルネサンスの鍵盤となっていました。

音楽の歴史の中で、「椿姫」のリビアモやスペインオペラ「マリーナ」のブリンディスなど、様々な場面で乾杯に使われてきました。バロック時代の作曲家、ヘンリー・パーセルの酒場の歌もこのキーで作曲されています。

共感覚では通常、セピア色のことを指します。

Fメジャースケール

Fメジャースケール
Fメジャースケール

Fメジャースケール(ラテン語系ではFa M、英語系ではFと略される)F, G, A B, C, D, E, F。そのキーには1つのB記号が含まれている。その相対するキーはニ短調、同名のキーはヘ短調です。

トライアドコードです。 F-A-C

Fメジャーは、イングリッシュホルン、バセットホルン、ホルンインF、トランペットインF、ワグネルチューバの自然キーです。これらの楽器のヘ長調の音楽は、したがってハ長調で書かれています。Fのトランペットを除いては、ほとんどが楽譜よりも5分の1高く聞こえます。

フランチェスコ・マリア・ヴェラチーニがドレスデン公爵のために書いた6つの序曲のうち、ヘ長調や変ロ長調のものが多いのは、公爵のオーケストラの管楽器が限られていたからである。Fでも、Fメジャーのアルペジオ(長3度、短3度、純4度で形成される)があります。

ベートーヴェンは、交響曲第6番op.68「パストラーレ」、交響曲第8番op.93ヘ長調を作曲しました。ヴィヴァルディは「四季」RV293の「秋」にこの調を用いており、ブラームスの交響曲第3番もヘ長調である。

この記事をシェアする

私たちは、独自に製品を調査、テスト、レビューし、ベストな製品を推薦します。お客様が当社のリンクを通じて何かを購入された場合、当社は手数料を受け取ることがあります。

より多くの貢献
最高のリバーブ・ペダル
ギア
ギタリストとプロデューサーのための最高のリバーブ・ペダル
リバーブ・ペダルを使えば、ギターに驚くほどの深みを与え、サウンドを非常に豊かにすることができる。アンプにリバーブが内蔵されているかどうかに関係なく ...
続きを読む →
最高のコーラス・ペダル
ギア
ギタリストとプロデューサーのためのベスト・コーラス・ペダル8選
コーラス・ペダルは80年代に特に人気があり、カート・コバーンやジョン・フルシアンテのような伝説的なミュージシャンが90年代にさらに人気を高めた。今日 ...
続きを読む →
最高のディストーション・ペダル
ギア
エレキギターに最適な歪み/アンプ・ペダル
多くのギタリストがアンプなしで、あるいはトランジスタ・アンプで演奏するデジタル時代において、歪みペダルは非常に頻繁に使用されている。
続きを読む →
音楽制作に最適なノートPCを紹介
ギア
音楽制作に最適なノートパソコン12選
長い間、外出先で音楽を制作するにはアップルのノートパソコンが絶対に必要だと思われていたが、もはやそうではない。たとえ ...
続きを読む →
最高のディレイ・ペダル
ギア
2024年ベスト・ディレイ・ペダル
ディレイ・ペダルは、ギタリストのお気に入りのペダルのひとつだ。ディレイ・エフェクトは、他の手段では得られない深みと雰囲気のあるサウンドを生み出す。...
続きを読む →
ドラムの楽譜の読み方を学ぶ
未分類
ドラムの楽譜を読むこうやって使う
打楽器奏者は自分の楽譜を持っている。音楽学校でドラムを習う場合は特に重要だ。しかし、様々なジャンルで活躍するドラマーにとっても、自分の楽譜を持つことは重要です。
続きを読む →